ヴァンクリーフ&アーペル

運命のラブ・ストーリーエステル・アーベルとアルフレッド・ヴァンクリーフ。ジュエリーへの情熱を分かち合ったふたりの出会いから生まれたジュエリー。留め金を見せずに留めるミステリーセッティング極細に仕上げた金属に埋め込む形で留め、爪や金属部分を見せないセッティングを考案しました。今もこの技を習得している職人はほんの数名。

1906年、最初のブティックをヴァンドーム広場にオープンしました。1898年にホテルリッツが誕生し世界中のセレブリティが集ったヴァンドーム広場。その向かい側に最初のブティックをオープンしました。わずか11 カ月で王位を捨てたエドワード8世とウィンザー公爵夫人は数々のスペシャルオーダージュエリーを身につけていました。ウィンザー公爵夫人からンスピレーションを得た「カデナ」南京錠をモチーフとし、一見ブレスレットに見えながら、さりげなく時問を確認できるアイテムは、当時のレディたちも虜にしました。遠くインドまで足を運んだ宝石への飽くなき情熱1950年代、何度かインドへと足を運んだクロード&ピエーアーペル。100カラットのエメラルドなど貴重な石を手に入れました。

綿密な職人技から生まれるアルハンブラコレクション幸運のモチーフがアイコニックな人気のコレクション「アルハンブラ」。それぞれ熟練の職人たちによる15の工程を経て生まれます。シャルレーヌ妃に贈られた海をモチーフにした「オセアン」モナコ公国御用達ジュエラーとして、口イヤウェディングの記念品を制作。海を表現した「オセアン」はティアラにもなります。こんな結婚指輪もらってみたいですね。指輪の歴史を知ると、結婚指輪も重みを増します。二人の愛も重みも増すことでしょう。